時代を見据えた自営業に必要な事

自営業の業種選びは株購入と同じ

基本的には定年まで収入が安定している公務員や、倒産リスクがほとんどない大企業で務めるのと違い、自営業とは世間で言われているように収入的に不安定だという側面があります。なので本気で自営業を始めたい場合は、まずは自分の過去を振り返ってみて、自営業に向いているか本気で考えてみる必要があります。そして経営のセンスがないと思う場合は、今後に出来る家族のことまで考えて自営業には手を出さないほうがおすすめです。そして、深く考えてみて自信がある場合は、今後できる家族のことなども考えて、次に30年から50年先の世の中を細かく分析する必要があります。一度始めてしまった場合は、元の人生には戻れないので、自営業の業種選びは、特定の会社の業績を予測して株を買うのと同じようなものだと認識し、極めて将来性の高いものだけに絞り、時代の流れで30年は持たないと予測するものは、今ブームであっても安易に手を出してはなりません。

常に幅広い知識を身につける努力が必要

自営業とは収入が安定しないもので融資などでもハンデがあるものです。そんな中0から戦っていかなければならないものですが、自分が選んだ業種のことばかり勉強していてもチャンスが広がらない場合があります。なので自分が選んだ業界に関して十分な知識・経験を積んだという自負がある場合は、休みの日や夜等でもストレスにならない程度で構わないので、現在盛り上がってきている自分の業種とは無関係にも見えるブーム・ムーブメントについて勉強をするべきです。なぜなら、知らない分野を勉強することで自分の考え方か広がったり、現在またはこれから伸びる分野の知識を得てみると、自分が選んだ業種との思いがけないうまいコラボ方法が見つかる場合があるからです。その他、今盛り上がってきているものでなくても幅広い知識を得るほどチャンスが広がるので、自営業者は大手に負けぬように無駄な時間を省いて日々勉強をして知識の貯金をする姿勢が重要です。