好きから始まる自営業!

2年分の活動資金を準備しよう!

満員電車に乗る必要なく、自分の好きな時間に仕事のできることが多い自営業。何をやるかにもよりますが、サラリーマンのときとは違い、自分でスケジュールを組んで、比較的自由に取り組めるのが魅力です。しかし、そうはいっても、自営業で成功するのは狭き門です。遊び半分で取り組んで成功できるほど、簡単ではありません。

そこで、最低限用意しておきたいのが、活動資金です。自営業を開始して、翌月から売上の目処が立つことは、まずありません。一定期間、無収入やほぼ収入のない期間があるはずです。そうした状況に備えて、最低でも2年間は貯金だけで生活ができるようにしておくのが、おすすめです。半年程度で事業が起動に乗り始める人もいるでしょうが、心に余裕を持たせる意味でも、2年くらいは余裕資金があると、落ち着いて日々の仕事に打ち込めます。

集中して取り組めるように工夫しよう!

いざ、自営業をスタートすると、思いのほか自制するのが難しいと感じると思います。会社員であれば、会社から決められた時間に出社をして、決められた仕事をこなしていたことでしょう。ところが、自営業になると、自分のことを自分で管理しないといけなくなります。これが、意外に困難です。ですから、なるべく早い段階で、仕事をするペースや環境を整えるのが、おすすめです。

例えば、始業時間と終業時間を決めます。また、午前中は雑務をやる。午後は仕入れを行うなどと段取りを決めます。そして、それらを日課として、こなすようにします。自分で仕事のルールや進め方を決めてしまうことで、毎日集中して、日々の業務をこなせるようになります。あとは、それを続けるだけです。